フランスでギャンブルするメリット・デメリット、法規制について

すべての国でギャンブルを楽しめるわけではありませんよね。一部の国は規則がとても厳格で、つまらない規制のためにすべての楽しみが奪われています。ここ日本も、ギャンブルが厳しく規制されている国の一つです。もし観光客としてフランスを訪問する機会があるなら、ラッキーです!というのも、フランスこそが、アドレナリンの放出に応えてくれる国だからです。

フランス全土に多くの実店舗のカジノが存在しますが、そのほとんどはモンテカルロにあります(正確にはモナコはフランスではありませんが、フランス国内にあるので、非公式に言うならばフランスのようなものです)。これらのカジノでは、あらゆるカジノゲームやトランプゲームを自由にプレイしたり、スポーツやレースに賭けることもできます。ギャンブルができる国をお探しならば、フランスは間違いなくおすすめの国のひとつです。

世の中、良いこと尽くしではない

もちろん、フランスでギャンブルをするにも欠点はあります。フランスの問題は物価が高いことで、特に税金の高さは異常です。規制が厳しく、長期間に渡る認可の保持がとても難しいため、ギャンブル業界から姿を消してしまうカジノオーナーも多くいます。規制の厳しさはプレイヤーにも影響を与えており、これがフランスで多くの未認可の違法なギャンブルが横行している理由にもなっています。オンラインのギャンブルサイトはとりわけ規制が難しいため、この傾向は顕著です。

フランス政府はどのように規制しようと試みている?

2010年にギャンブル法が成立したことで、オンラインギャンブルのライセンスの獲得が可能になりました。この法律が成立する前は、政府が独占していたため、国にとっては良かったかもしれませんが、プレイヤーにとっては最悪でした。海外のカジノによる市場での競争が許可されたことで、市場が均衡化し、プレイヤーは現在に至るまで、この法律による恩恵を享受しています。

しかし、このギャンブル法には欠点もあります。例えば、プレイヤーが国境を超えて、プールをシェアすることが許可されていないため、国際的なポーカートーナメントには参加できません。また、たとえ他国に合法的なオンラインカジノが開設されていても、そこで出会うことができるのはフランス人に限定されてしまいます。それではせっかくのオンラインでの賭けの利点を活かせませんよね。

この先、フランスの重い税金や規制が軽減・緩和されるかどうかは、まだわかりません。10年後には、もしかしたらフランスはギャンブルに関して最も寛容な国となっているかもしれませんね。